一般 財団 法人 雑賀 技術 研究 所

Posted on

一般財団法人 雑賀技術研究所 理事長 高橋裕輔 雑賀(サイカ)技術研究所(所在地:和歌山市)は、分析機器メーカーのsciex. 《一般財団法人 雑賀技術研究所》は 「技術を通じて社会の利益と発展に貢献する」をモットーに、 研究開発から実用化まで自分たちの手でカタチにします。 私たちと一緒にsaikaの研究開発にチャレンジしていく仲間を通年で募集しています。


金属検出機 メタリダー【一般財団法人 雑賀技術研究所】 日本電計株式会社が運営する計測機器、試験機器の総合展示会

1963年 ・ 財団法人 雑賀技術研究所を設立(4月) 1964年 ・ 精穀機の自動精白度調節装置を開発 ・ 与圧式摩擦型精穀機を開発 1965年 ・ 撰穀機を開発 ・ 精穀機の自動白度調節装置を開発 ・ 精穀機の送穀ラセン部における流量調節装置を開発 1967年 ・「小学生のくふう展」スタート.

一般 財団 法人 雑賀 技術 研究 所. 一般財団法人 雑賀技術研究所 重藤様、佐田様、稲垣様にお話を伺 いました。雑賀技術研究所では公益・収益の2つの事業があり、収益 事業の一分野として残留農薬分析に特化した受託分析業務に取組 まれています。時代のニーズに沿った受託サービスをされており、そ の中でどのよう. 一般財団法人 雑賀技術研究所(saika)では、 自由な発想と一瞬のひらめきを大切に、あくなき探究心で オリジナリティあふれる独創的技術の研究開発に取り組んでいます。 独自開発の金属検出技術や近赤外分光技術などのコア技術をベースに、 様々な分野で応用製品を開発し、 設計か. 2021年11月2日(火)一般財団法人雑賀技術研究所にて 【2022年度認定証授与式】をオンラインにて開催しました。 今年も[書類審査・理化学検査・食味審査]経て食の3重丸 認定基準をクリアした 2022年度認定製品が決定しました。


一般財団法人 雑賀技術研究所 メディアクト


おもしろ科学まつり和歌山大会2013|概要


おもしろ科学まつり和歌山大会2013|概要


おもしろ科学まつり和歌山大会2013|概要


おもしろ科学まつり和歌山大会2013|概要


ミカン腐敗、紫外線で抑制 和歌山の研究所など装置開発 産経ニュース


おもしろ科学まつり和歌山大会2013|概要


おもしろ科学まつり和歌山大会2013|概要


採用情報|再就職支援センター「はたらコーデわかやま」